こんにちは、くるぶしです。

カナダにワーキングホリデーで1年間・観光ビザを利用して半年間生活していました。

自分にとって人生初の長期海外留学。

いろいろと日本から荷物を持ってきましたが、最終的には本当に限られたものしか利用しませんでした

今回は、その経験を踏まえて、最低限必要な荷物について紹介します。

スーツケースに入った荷物

カナダ留学(ワーキングホリデー)で持っていくべき荷物とは

カナダでのワーキングホリデーに持っていくべき荷物について、これまでの体験から紹介していきます。

 

ウルトラライトダウン

雪で遊ぶコートを着た女性

カナダの冬は日本の冬より格段に寒いので、ユニクロの商品として有名なウルトラライトダウンは必須アイテム。

僕は、最初はトロント、次にバンクーバーの冬を経験しましたが、どちらの場所でもウルトラライトダウンは大活躍しました。

一枚だけでは寒さを凌げないので、インナーダウンとして利用するようになりますが、ウルトラライトダウンはヒートテックのようなインナーを何枚を持っていく手間や重量が軽減されます。

また、小さく折りたためるので、気候次第では「念のため」カバンに入れて出かけることや、キャリーケースで荷物を運ぶ際は、クッションとしても活躍してくれます。

寒がりな方はぜひ一枚持っていきましょう。

 

ヒートテック

ウルトラライトダウン同様に寒いカナダの冬を超えるには必須です。

もちろんカナダでもヒートテックのような「あったかインナー」は購入できますが、値段が高い上にサイズが合わないなど購入するのが億劫になります。

なので、ヒートテックを多めに(1週間分)は持っていきましょう。

最終的には、現地で友人にあげたり、ネットを利用して売ったりすることもでき、特に質の高い日本のヒートテックは人気がありますので、複数枚持っていっても損はありません。

 

撥水性のあるコート

冬のバンクーバーは雨・トロントは雪が多く、降る量は、それほどですが、ほぼ毎日のように振ります

傘を差すのも手間で、短時間しか外出しない時などに、コートに撥水性があると重宝します。

僕はアークテリクスというカナダ発のブランドのジャケットを利用していましたが、さすが現地で生まれたブランドだけあって、トロントの雪もバンクーバーの雨も防ぐことができました。

コートは、現地でも機能性のあるものを購入できますが、日本でサイズのあったものを購入していくほうがおすすめです。

 

タイツ

紐にかけられたタイツ

ヒートテック同様に、下半身のインナーとしてタイツを持っていきましょう。

1枚あるだけで、寒さの感じ方が格段に違ってきます。

また上半身はコートを着ていることや複数枚の服を着ているから、雨や雪で水が服に浸透していくことは少ないですが、意外と厚着をしない下半身はすぐに濡れて寒くなってしまいます。

タイツが1枚あると、風や水などの浸水を防いでくれます。

 

カナダでは傘を使わないと聞きますが、実際はみんな使っています。

使わないのは雨があまりにも少量の時で、コートの撥水性では防ぎきれないような本降りの時はみんな使います。

折りたたみ傘を現地で購入することは可能ですが、こちらも高い上にすぐ壊れますので、日本から軽くて丈夫な折りたたみ傘を持っていきましょう

常にカバンに入れておくと、予想外の雨や雪に出くわした時に活躍します。

 

「念のため」ではなく「最低限」を心掛ける

スーツケースをひくカエルの人形

長期で海外に行くとなると、いろいろと「念のため」と荷物を持っていきがちですが、意外と活躍することが少ないです。

荷物が多く、重いと移動のストレスにもなります。

出来るだけ荷物はコンパクトにまとめれるように、「最低限」で荷造りしましょう。

この記事が荷造りの参考になれば幸いです。

The following two tabs change content below.
くるぶし

くるぶし

初めまして、くるぶしです。 平成・うどん県生まれのアラサーです。 ワーキングホリデー制度を利用して様々な国を訪れてます。 ライター経験はまだまだ未熟ですが、訪れた国から役立つ情報や楽しめる情報を発信していきます。 好きなことは、美術館巡り・ハイキング・ライブ鑑賞です。 よろしくお願いします。

You may also like

Leave of absence requestと書かれた紙
【休学留学とは】経験者がメリット・デメリット、出発までの流れを徹底解説
stepup
社会人の今こそ留学!キャリア・ステップアップに繋がる短期留学を徹底解説
「英語を勉強しよう」と書かれた絵
シニアにおすすめの留学とは?シニア留学ならではのメリット・デメリットも紹介