カナダに到着してすぐ、留学生のみなさんは、必ずと言って良いほどお店に行ってお水や食べ物など、必要なものを買いに行くでしょう。

店員さんはローカルのカナディアンが多く、英語を学び始めたばかりの方は、レジに行ってお金を使うだけでも緊張するのではないでしょうか。

お金の見分け方も慣れずに、買い物を終えてレシートを見ると、

お釣りが足りてない、、?

そんな不安を抱いた私の体験を元に、それぞれのお札とコインの“見分け方”と“お釣り”についてお話しします。

 

留学生が知るカナダのお金事情①:お札とコインの見方

並べられたカナダのお札

まずは、お札です。

左上から、

:5ドル
紫:10ドル
緑:20ドル
:50ドル
茶:100ドル

です。

プラスチックのような濡れても大丈夫な素材で、色とりどりで華やかです。

しかしピン札の場合、静電気でくっつきやすいので、重なっていないことを良く確認しましょう。

白いテーブルの上に置かれた複数のコイン

次に、コインです。

左上から、

2ドル、
1ドル25セント。

下左から、10セント、5セントです。

25セント、10セント、5セントと、この間違いやすい3枚。

大きさ順だと、25セント>>5セント>>10セントにも関わらず、価値が高い10セントが、5セントよりもサイズが小さいなんて、少し混乱してしまいますよね。

そして、25セントと5セントのサイズがとても似ています。

又、カナダコインには、それぞれ数字以外の名前があります。

$1=Ronnie(ルーニー)/$2=Toonie(トゥーニー)/25cents(クォーター)=Quarter/10cents=Dime(ダイム)/5cents=Nickel(ニッケル)

小さめの財布を使っていると、会計時に見分けるのが難しいことがしばしば。

小数点以上がドル、以下がセントになります。

POINT
例えば、“$15.30”の支払いであれば、15ドルと30セントの支払いが必要です。

留学生が知るカナダのお金事情②:お釣りを間違えられた!?

慣れない買い物後にレシートを確認すると、お釣りが足りない!

もしや、ぼったくられたのでは!?という出来事がありました。

カナダのスーパーでは、0.01ドル(=1セント)単位での商品の価格表示のため、支払い価格(総商品価格+TAX)も0.01ドル単位です。

例えば、$1.98ドルの支払い価格で、店員さんに2ドルを渡します。日本人の感覚であれば、0.02ドル(=2セント)のお釣りを渡されると思いますよね。

しかし、前述した通りカナダドルには5セント以下の硬貨が存在しません。

そのため、お釣りは無くレシートのみ受け取ることになります。切り捨て切り上げについては、店舗によって様々なため、セント単位の価格の違いは気にならなくなりました(笑)

買い物をする機会があったので、実際のレシートをご覧ください。

赤い看板がついたコンビニ

みんなのコンビニ屋(1238 Robson St, Vancouver, BC V6E 1C1)

支払い額:3.87ドル
の商品を現金とカードに分けて支払いしてみました。

1枚目が現金払い、2枚目がカード支払いです。

テーブルに置かれたレシート英語と日本語が書かれたレシート

現金払いでは、支払い額(Total)3.87ドルに対して、支払い(CASH)20ドルをしました。お釣り(Change)は、16.15ドルです。

単純計算をすると、20ドル-3.87ドル=16.13ドルのため、今回の買い物では0.02ドルの得をしたことになります。

写真で分かるように得をすることもあれば、損をする時もあるので、細かい金額が気になる方は、クレジットカードやデビットカードの使用をおすすめします。

カナダでは、多くの店でカード払いが可能なため、現金を多く持ち歩かない人が殆どで、また時々ですが、カード支払いのみの店もあります。

んな便利なカードですが、知らぬ間にスキミング被害に合ってしまうこともあるので、小まめに引き落とし額の確認をしましょう。

 

留学生が知るカナダのお金事情③:TAXについて

日本でも買い物の際に8%の消費税があるように、カナダの消費税にはGST(連邦消費税)とPST(州税)という内訳があります。

GSPとは、カナダ全土で一律5%と定められており、PSTは州によって異なります。今私が住んでいるBC州ではPST7%のため、本体価格+12%の税金を支払うことになります。

州によって消費税のかかり方が変わるので、買い物前にチェックしておきましょう。

 

お金に関する仕組みの違いも文化として楽しもう

日本とは大きくギャップのあるカナダのお金事情でした。

私も、カナダで暮らし始めて2ヵ月目にして、やっと小銭やクレジットカードの使い方に慣れてきた気がします。

日本との感覚や物価の違いもありますが、それも文化の一つとして、カナダのショッピングを楽しんでくださいね。



The following two tabs change content below.
りー

りー

小中高公立の普通科へ通学。短大を卒業後、関東の認可保育園で4年間勤務していました。“英語がペラペラになりたい!!”と思いつつも、生活の忙しさを理由に手をつけられずにいましたが、プライベートで英語圏の方と接する機会が続き、1年間のワーホリ留学を決意しました。まだまだ英語は、初心者レベルです。宜しくお願いします。

You may also like

バレンタイン アイキャッチ
バレンタインデー バンクーバー
ヴィーガン アイキャッチ
バンクーバーのヴィーガン事情について!おすすめレストランもご紹介
バンクーバーのビーチ一覧!実際に留学していた僕が紹介します