「留学に行く前に英語の勉強はしておいた方がいい?」
と考えている方もいるのではないでしょうか。

特に「語学留学」などはまさに英語を勉強しに行くための留学なので、そもそも事前の勉強が必要なのか迷う方もいるはず。

しかし結論、「留学前には必ず英語の勉強をしておくべき」なのです。

今回の記事では留学前に英語の勉強が必要な理由やどこまでの英語力を身につけておけばいいのか、そして留学前の勉強方法についても解説をしていきます。

留学前の英語の勉強が必要な理由

英語を教える外国人女性

それではまず「なぜ留学前に英語の勉強が必要なのか」について詳しく解説をしていきましょう。

現地で英語の基礎勉強をする費用と時間がもったいない

留学前の英語の勉強が必要な理由としてまず挙げられるのが、滞在期間が決まっている留学において、日本でもできるような基礎勉強をするということがもったいないという点です。

英語にはリスニング・スピーキング・ライティングという3要素がありますが、それらの基礎的な部分については参考書を買うなり、オンライン英会話を使用するなり、アプリを使うなりして日本でも十分に身に付けることができます。

しかし、基礎的な英語力を日本で身につけないまま留学に行った場合、留学先の現地で苦労することになります。
せっかく高額な費用をかけて留学に行っているのに、留学先で日本でもできる勉強に余計な時間を費やし、現地でしか学べないことを勉強できる機会を失っては本末転倒です。

留学先でしか身に付けることができない高度な語学力を習得するために、日本で学べる基礎的なことは漏れなく勉強しておきましょう。

実践の場で使えるレベルまで達しない

また英語力をある程度高めた状態で留学に向かわなければ、基礎レベルからのスタートとなるため、仕事などの実践の場で使えるレベルにまで達することが困難になります。

留学期間にもよりますが、英語が何も身に付いていない状態からプロフェッショナルレベルにまで英語力を向上させるほどの期間留学に行く人は少ないはずです。
ある程度、英語の基礎ができた状態で留学先に向かわなければ、仕事で使える応用レベルにまでは達することは時間的に困難でしょう。

授業についていけず留学生活が嫌になる危険性がある

語学留学であれば、自身のレベルに合わせたレッスンが行われるため、英語力が低くてもそれなりに留学先で勉強もついていけるでしょう。

しかし現地の高校・大学・専門学校などに入学する場合には、言うまでもなく現地の生徒と同レベルの英語力が求められます。

先生の言っていることが理解できず、授業についていけなければ必然的に学習意欲が下がり
「もう帰りたい」
「授業に出たくない」
と感じてしまうでしょう。

そのような事態を避けるためにも、基礎的な英語に加え、授業で頻出することが予想される英単語などが分かっていれば、しっかり予習してから授業に臨みましょう。

留学前までにどこまで英語力を上げておくべきか

Close up Woman hand arranging wood block stacking as step stair. Business concept growth success process.

では留学前にどこまで英語力を上げておくべきか、ということがポイントとなってきます。留学前に身につけておくべき英語レベルを解説していきます。

中学生の文法レベルでコミュニケーションがとれる

中学生レベルの文法をマスターして、それを英会話の中で実践して使えるようになることが1つのポイントです。

実は海外ドラマなどで使用されている英文法の8割を、私たち日本人は中学校で習っています。

海外の日常を映し出した現地の人々も観る海外ドラマの会話の8割が中学校レベル。つまり、中学校レベルの英文法をコミュニケーションの場で応用できれば、理論的にはネイティブとも問題なくコミュニケーションが取れるというわけです。

書店にも中学校レベル・高校レベルといったように英文法のテキストが置かれているため、中学校レベルのテキストを一つ購入し、英文法の復習をしておくと応用力を身に付ける上での下地になります。

2,000語程度の英単語を覚える

基礎的な英単語を2,000単語程度事前に覚えておくと有意義な留学生活を送る上で役立つでしょう。
英文法の大切さを上記で紹介していきましたが、全ての言語の基礎となる単語を知らなければ表現のしようがありません。

英文法を軽んじるわけではありませんが、英単語さえ知っていればそれらを適当に並べるだけでも最低限のコミュニケーションは取れるものです。
例えば、チョコレートが欲しいときには「Please, chocolate.」でも十分通じるでしょう。

英単語はとにかく暗記をすることが1番です。こちらも「基礎英単語」や「英会話の頻出単語」などをテーマとした英単語帳を使用することがおすすめです。

自己紹介や日本のことを英語で話せる

ただし海外で人間関係を深めようと思ったときには「英単語だけ話せる」というレベルでは物足りず、円滑なコミュニケーションはとれません。
自分自身のことや母国である日本については英語である程度話せると会話のきっかけを作りやすくなります。

自分は何が好きなのか、なぜ留学に来たのか、どのようなことが学びたいのかなどについては事前に表現の仕方を覚えておき、会話の糸口をつかみましょう。

留学前の勉強方法

Business concepts, step up

最後に留学前におすすめの英語の勉強方法について解説をしていきます。

シャドーイングとディクテーション

リスニングスキルを鍛える際におすすめの勉強方法は「シャドーイング」と「ディクテーション」です。あまり聞いたことがないかもしれませんが、どちらも通訳者が使用している英会話トレーニング方法です。

シャドーイングとは英語音声を聞いて、その音声を聞こえてきた通りに発声するというものです。このシャドーイングを通じてネイティブが話す英語にまずは耳を慣れさせることができます。

ディクテーションも同じく英語音声を聞くのですが、こちらは聞こえてきた英語音声をノートなどに書き取るというものです。一字一句聞き漏らさず英文として書き取ることによって、文字としての英語と言葉としての英語が結びつき、英語を聞き取ったときにネイティブが何を話しているのかを明確に理解できるようになります。

オンライン英会話

スピーキングスキルを伸ばすためにはとにかく英語を話す機会を意識的に設けることが大切です。とはいっても日本では外国人と交流する機会を中々持てないという方もいることでしょう。

そのような方におすすめなのがオンライン英会話です。オンライン英会話は毎日30分程度の英語レッスンを受けたとしても5,000円程度。
また相手の講師はこちらが英語を第二言語として話していることを当然知っているので、単語や文法のミスを恐れることなくスピーキングに集中できる点も魅力です。

毎日、継続してスピーキングをする環境を作ることによって劇的にスピーキングスキルは向上します。

英単語と英文法の基礎をマスターする

ライティングの核となるのは以下の3つです。

  • 英単語の基礎知っていること
  • 英文法の基礎を知っていること
  • 英文の基礎を書き慣れていること

この3つをクリアすれば留学前に必要とされる最低レベルの英語力は身に付けたと言えるでしょう。

そして英単語・英文法については上記で述べたとおり、中学校レベル・基礎レベルで構いません。

英文を書く練習としておすすめの方法は2つで、1つは日記を書くこと、そしてもう1つはテーマ作文です。

テーマ作文とは小論文のように何かのテーマに関して、英文で自分の考えを書くというものです。テーマ作文の良さは日記とは違い自分が普段使わない英単語を触れることができる点です。

このように日記やテーマ作文などを毎日最低一つは書き、英語への抵抗をなくすことで徐々にライティングスキルは伸びるでしょう。

Ein Computer, Flagge von Großbritannien und Buch mit dem Titel Sprechen Sie englisch

今回の記事では留学前に英語の勉強が必要な理由やどこまでの英語力を身につけておけばいいのか、そして留学前の勉強方法についても解説をしていきました。

留学前に基礎的な学習は終わらせて「日本ではできない勉強」を留学先で行うことができればベストです。

The following two tabs change content below.
FlyOut編集部

FlyOut編集部

留学に関するあらゆる情報をお届けする留学情報メディア。 アメリカ・カナダ・オーストラリア・ニュージーランド・イギリス・フィリピンを中心に各地の留学ノウハウや魅力を発信していきます。

You may also like

Leave of absence requestと書かれた紙
【休学留学とは】経験者がメリット・デメリット、出発までの流れを徹底解説
stepup
社会人の今こそ留学!キャリア・ステップアップに繋がる短期留学を徹底解説
「英語を勉強しよう」と書かれた絵
シニアにおすすめの留学とは?シニア留学ならではのメリット・デメリットも紹介