wifi

日本を含め、多くの国でWi-Fi環境が整ってきています。しかし、その事情は国によって異なるため、留学前にしっかり渡航先のWi-Fi環境を確認しておきましょう。
事前に調べておくことで、ポケットWi-Fiをレンタルするのか、SIMカードを購入するのか、何も持たずに渡航するのかを決めることができます。
今回は、アメリカをはじめとした6ヶ国のWi-Fi事情や、海外でSIMを使う方法、レンタルWi-Fi会社の料金をご紹介します。

 

まずは留学先のWi-Fi環境を把握しよう

PCを操作する女性の様子

最初に自分の留学先のWi-Fi環境をチェックしましょう。今は世界のほとんどでWi-Fiが整備されていますが、都心部を離れるとWi-Fi環境が整っていないこともあります。

留学中のほとんどをフリーWi-Fiが使える施設の多い都心部で過ごし、学校はもちろん、寮やホームステイ先でも自由にフリーにWi-Fiが使えるというのであれば、ポケットWi-Fiなどを用意する必要はないでしょう。

滞在先が都心部から離れていたり、寮やホームステイ先で使用容量の制限があったりする場合、自身で用意することをおすすめします。

注意したいのが宿泊場所での容量制限。日本の一般家庭では容量無制限にWi-Fiを使っている人がほとんどかと思いますが、海外では「1日〇〇分まで」「1日〇〇GBまで」など、1日の使用量を決められている場合もあります。

学校や街中だけでなく、宿泊場所のWi-Fi環境も事前に確認しておきましょう。

 

アメリカのWi-Fi環境

ニューヨーク

Wi-Fi先進国のアメリカでは、都市部ならWi-Fiに繋がらない場所を探す方が難しいほどです。

施設内はもちろん、公園などの屋外でもフリーWi-Fiを使うことができます。

上手に使えばWi-Fi難民になることはほとんどありませんが、「Wi-Fi FREE SPOT」などのWi-Fiスポット検索サイトで事前に調べておくと安心です。

 

【空港】
ロサンゼルス・サンフランシスコ・オーランド・マッキャランなど、主要な空港のほとんどで無料Wi-Fiを使うことができます。

 

【ホテル】
コンフォート・インやマリオットなどの主要ホテルのほか、ほとんどのホテルやモーテルで無料Wi-Fiを使うことができます。

ただしホテルによっては、ロビーやカフェなどの公共スペースのみ無料で、各部屋では有料という場合もあるので、予約する前に確認しましょう。

 

【シェアハウス】
ほとんどのシェアハウスでWi-Fiが使えますが、家賃にWi-Fi使用料が含まれている場合と別途支払う場合があるので、事前に確認が必要です。

 

【学校】
ほぼ全ての学校で、Wi-Fiは自由に使うことができます。

学校によっては個人に番号やパスワードが割り振られていることもあります。

 

【レストラン・カフェ】
レストランやカフェなどの飲食店でも、無料Wi-Fiが使えるところがたくさんあります。

なかでも「スターバックス」と「マクドナルド」では、アメリカ全ての店舗でWi-Fiが使用可能で、ユーザー登録やパスワードの入力も必要ありません。

他のチェーン店でもフリーで使えることがほとんどです。

 

【ショッピングモール・公共施設】
Macy’sなどのデパートやショッピングモール、セントラルパークやグランドキャニオン国立公園などの公園、図書館などほとんどの公共施設で無料Wi-Fiが完備されています。

 

イギリス以下Fly Out掲載国を順次紹介

アメリカの他に、イギリス・ニュージーランド・カナダ・オーストラリア・フィリピン5か国のWi-Fi事情についてご紹介します。

 

【イギリス】
イギリスでは多くの場所でWi-Fiが利用できます。

ヒースロー空港はもちろん、飲食店や公共施設、さらにはスーパーや郵便局、銀行、電車やバスでもフリーで使えることが多く、日本よりもWi-Fi環境は整っています。

都市部ならWi-Fi使用で困ることはほとんどないでしょう。

 

【ニュージーランド】
ニュージーランドには、飲食店や公共施設、なかには公衆トイレでも使える場合があるなど、Wi-Fiの通っている場所はたくさんあります。

i-siteというインフォメーションセンターでも利用できます。

ただし、ニュージーランドのWi-Fiは速度が遅く、接続が不安定なことも多いのがデメリットです。

日本と同じ快適さは期待しない方がいいでしょう。

 

【カナダ】
カナダは「Wi-Fi天国」と言われているほどで、公共施設や飲食店、ショッピングモール、一部スーパー、地下鉄の駅(路線や区間に制限あり)でもWi-Fiが利用でき、日本よりも便利です。

パスワードがかかっているお店でも、パスワードを聞けばたいていどこでも教えてもらえます。

 

【オーストラリア】
オーストラリアの都市部では、飲食店や駅などのいたるところにWi-Fiスポットがあり、日本よりも充実しています。

図書館や地域の施設のほとんどでも利用できるもの特徴です。

自治体によって異なりますが、電車やバス、シドニーのフェリー内でも利用できます。

 

【フィリピン】
空港やホテル、飲食店のほか、学校やショッピングモールなどの公共施設でもフリーWi-Fiを利用できます。

都市部ではあまりWi-Fiに困ることはないでしょう。

ただし、フィリピンではジプニーというバスを利用して移動することがほとんどなので、慣れないうちは常にジプニー用のアプリで検索しながら移動することになります。

その都度お店に入店するのも大変なので、フィリピンでは常時インターネットに繋がる環境を整えることをおすすめします。

 

渡航前に用意したい人におすすめのWi-Fi

レンタルWi-Fiの中でも料金が割安なのが、「グローバルWi-Fi」「イモトのWi-Fi」「Wi–Ho!」です。

今回はこの3社の料金を比較しました。

wifi比較表
※グローバルWi-Fi・Wi-Ho!は300MB~、イモトのWi-Fiは500MB~のプラン設定のため、上記で表示しています。
※2019年4月現在の情報です。

基本的にフリーWi-Fiを使用するのであれば、300MBあれば充分でしょう。国によって安い会社が異なるため、行きたい場所で3社それぞれ見積もりを出すことをおすすめします。また、長期になると1日あたりの料金が割引になる場合もあります。

 

Wi-Fiが高いと感じる人は現地でSIMカードを入手するとかなり割安

SIMフリーのスマホ

1日1,000円程度かかるWi-Fiの料金が高額に感じる人は、現地で使えるSIMカードを購入することで、通信料を安く抑えることができます。

SIMとは、現地のキャリアを使った通信のことです。

特に長期留学の場合はSIMカードを入手することをおすすめします。

 

SIMカードを購入するには身分証明証などが必要になるので準備しておく

SIMカードは事前に日本で買っておくと安心です。

家電量販店・空港・オンライン上などで購入できますが、免許証などの身分証明書が必要になるので準備しておきましょう。

 

大手キャリア携帯であれば、渡航前にSIMロックを解除する

auやdocomo、softbankなどの大手キャリアの携帯やスマホを使っている場合、SIMロックを解除しておきましょう。

2015年5月以降発売の携帯は、条件を満たせばロックを解除することができます。

 

SIMカード利用の注意点

便利なSIMカードですが、使用の上で注意点もあります。

  • SIMカードを変更すると電話番号が変わる
  • SIMカードにはサイズがあるので、自分のスマホに対応しているか確認する。(マルチサイズに対応したSIMカードもあります。)
  • 日本で買うと、海外で買うより割高になることが多い。

上記の点に注意して、予算や自分のスマホに合ったSIMカードを購入しましょう。

 

留学期間や場所に合わせてWi-FiとSIMを使い分けよう

スマホ

長期の留学になる場合は、フリーWi-Fiを使いながら現地のSIMカードを使う、という方法が一番通信料を安く抑えられます。

短期間ならフリーWi-Fiのみで乗り切れるかもしれませんが、念のためポケットWi-Fiを持っておいた方が安心です。

また、SIMカードには複数の国で使えるタイプもあるため、いくつかの国を移動する場合はグローバルタイプのSIMカードを購入するといいでしょう。

留学先のWi-Fi事情や留学期間に合わせて、上手にWi-FiやSIMを使い分けてください。



The following two tabs change content below.
FlyOut編集部

FlyOut編集部

留学に関するあらゆる情報をお届けする留学情報メディア。 アメリカ・カナダ・オーストラリア・ニュージーランド・イギリス・フィリピンを中心に各地の留学ノウハウや魅力を発信していきます。

You may also like

stepup
社会人の今こそ留学!キャリア・ステップアップに繋がる短期留学を徹底解説
「英語を勉強しよう」と書かれた絵
シニアにおすすめの留学とは?シニア留学ならではのメリット・デメリットも紹介
team
イギリスへボランティア留学!ビザや費用、その魅力をまとめてご紹介します